医療業界での遣り甲斐|人の為に働く介護の仕事や医療事務は専門の求人サイトでチェック
スーツの人

人の為に働く介護の仕事や医療事務は専門の求人サイトでチェック

医療業界での遣り甲斐

ドクター

病院以外にも目を向ける

医療事務は、受付・診療費の計算や会計、入退院の手続き業務など、様々な仕事を担います。業務に幅があるということは、覚えることも必然的に多くなります。入院施設を備える総合病院の求人情報には、病棟クラーク業務も内容に盛り込むケースは増えています。入院患者・医師・看護師のパイプ役を担うことも医療事務の仕事の1つです。病院やクリニックなど、全国の医療機関で募集されている医療事務ですが、求人は都市部が多く、地方は意外と少ないのも注意点です。超高齢化の波は過疎地が多いものの、介護と医療の違いが挙げられます。介護施設は多く医療施設が少なく、技術者となる医師や看護師は常に求められます。診療所などの入院施設を設けない場合、スタッフの数は足りるケースも実状です。そのため、調剤薬局や歯科医院、企業の医務室での求人など、他のフィールドでの働き方も視野に入れる必要も地域によっては挙げられます。

スキルを身に付けてみる

近年、無床の診療所の増加により、医療事務の患者に対する携わりが大きくなっています。受付や処方箋の窓口での仕事も担い、患者と接する機会が多く、求人では経験者が優遇されます。不調を抱える人と最初にコンタクトを取り、異変にも気付きやすい立場です。医療事務は診療に携わる行為は禁止され、聞かれても答えることができない難点があり、コミュニケーションに細心の注意を図る必要が大変さに繋がっています。コミュニケーション能力を高めるスキルアップも役に立つため、心理・カウンセラー・アドバイザーの知識を持っておくだけでも採用率は高くなります。医療行為はできないものの、医師や看護師など、共に活躍する医療従事者には役立てられます。また、IT化の波は診療所にも進んでおり、電子カルテの普及でPCを活用するようになり、表作成や簡単な計算など基礎だけは身に付けておきたい内容です。医療事務の資格も診療報酬請求事務能力などの知名度のあるものから、保険調剤報酬事務士などまでがあり、遣り甲斐を見出すにも利用価値があります。